≪JRA厩務員を目指す前に≫
このページは、JRA厩務員・調教厩務員になりたい!と思っている方に対して、厩務員になるためには何が必要で、どんな進路を歩む必要があるのかをなどをご紹介しています。まず、JRA厩務員になるためには、乗馬経験や馬の取り扱いなどの経験を積んでから競走馬の育成牧場に就職します。そして、乗馬の経験と育成牧場での実務経験をあわせて2年以上が経過すると、JRA競馬学校 競馬学校「厩務員課程」受験資格を得る事ができます。したがって、まずは育成牧場に就職するための経験を取得する必要があります。

JRA厩務員へ



JRA厩務員になりたい!と、お考えのみなさんへ…

JRA厩務員になるために必要なことは…

JRA厩務員になるためには、JRA競馬学校厩務員課程(通常6ヶ月間)を卒業し、その後、調教師が運営する厩舎に厩務員としての所属が決定すれば、そのまま厩務員としてデビューすることが出来ます。したがって、JRAの厩務員になるには、まずは、JRA競馬学校「厩務員課程」の受験に合格する必要があります。ところが、そのJRA競馬学校「厩務員課程」は誰でも受験できる訳ではありません。受験資格の一部に「乗馬経験、育成牧場での実務経験をあわせて2年」という受験資格が設けられており、それらを超えていなければJRA競馬学校の厩務員課程の受験資格を得ることができません。

しかし、育成牧場に就職するためには、当然ながら「乗馬経験や馬を扱える正しい技術と知識」がないと、どこも雇ってくれません…。したがって、未経験者がこうした育成牧場への就職を実現させるためには、民間の馬の学校や専門学校に通う以外の具体的な方法がありません。ところが、馬の学校や馬の専門学校は、入学から牧場就職まで非常に長い期間(2年程度)がかかるうえ、馬の学校や専門学校には、多額な費用がかかります。(約400万円程度)つまり、育成牧場やJRA厩務員を目指すには、約400万円程度の自分への投資金が必要という事になります。

そこで、そのような未経験者から、牧場就職までのかけ橋となる新たな職業訓練への取り組みが話題となり、今では未経験者から最短10ヶ月で牧場デビューといった職業訓練システムを取り入れ、無駄時間とお金をかけずに、将来はJRA厩務員を目指し、育成牧場就職への取り組みを支援する職業訓練校が話題となっています。育成牧場 求人

西日本新聞 平成22年1月15日

競走馬の牧場求人や馬の仕事について全面的にサポートしてくれる職業訓練校です。
是非、参考にしてみてください。

JRA厩務員を取り巻く環境とは…

国内の全ての現役競走馬(一部を除く)は、関西では「栗東トレーニングセンター(滋賀県)」そして、関東では「美浦トレーニングセンター(茨城県)」という日本中央競馬会のWトレセン施設Wに所属しています。時々、競馬中継などで競走馬の調教風景が映し出される場所が、このWトレーニングセンターWなのです。美浦トレセン施設や栗東トレセン施設には、それぞれ競馬場と同じくらいの馬場があり、さらに馬が泳いでトレーニングできるプール調教施設や上り坂を調教するハンロ調教施設(坂路調教)などもあります。このトレーニングセンターでは、それぞれの競走馬が競馬のレースに向けた万全な調教と調整トレーニングが出来る十分な設備と環境が整っているのです。

このような競走馬のトレーニングセンター内には、調教師が経営する会社(競馬用語では「厩舎(きゅう舎)」という)があり、その調教師のもとで、馬のお世話をする人「厩務員(きゅう務員)」がいます。すなわち、会社で言うと、調教師は会社の社長で、厩務員はその会社の従業員という事になります。したがって、調教師と厩務員との関係は、当然ながら親密なW雇用関係Wにあり、厩務員の給与というのは、基本的に調教師から支払われます。

また、厩舎(=会社)で働く従業員には、厩務員だけでなく、実際に担当する競走馬に調教をつけることができる「調教厩務員」、そして、調教師が管理する厩舎のすべての競走馬を調教することが許されている「調教助手」なども、調教師との雇用関係(従業員)において働いており、調教師との雇用契約により成り立っています。

≪厩務員の雇用について≫
調教師は、厩務員や調教厩務員との雇用契約は締結されていますが、厩務員への解雇権Wがなく(W厩務員 給料Wや厩務員の雇用環境について労働組合がしっかりしているため)調教師の独断で、厩務員の給料や厩務員の雇用条件など、勝手には決定し難いとされており、厩務員という職業はある意味、非常に安定した職業とされています。

JRA厩務員のお仕事とその役割について

主なJRA厩務員の仕事とは、その調教師の管理のもと、自分の担当する2頭の競走馬の世話を行ないます。例えば、馬房(馬小屋)の清掃、エサを与えたり、運動前の鞍や馬具などの装着(=馬装といいます)を行います。また、実際に厩務員はその競走馬にまたがり、じっくり歩かせ馬のウォーミングアップを行います。厩務員はここで調教助手や騎手に乗り替わり、調教師の指示のもと、角馬場での調教や坂路、走路での調教を行います。なお、基本的に厩務員は馬の調教を行うことはできませんが、調教師が認めた調教厩務員(担当馬のみ調教を許された厩務員)は、調教助手や騎手と同じように、早いスピードでの調教を行うことができるのです。調教トレーニングが終わると、再び厩務員は、激しい運動後のクーリングダウン(生理運動)を行います。その後、JRA厩務員は馬の手入れや馬の故障や怪我がないかなどのチェックを行い、馬の飼い付け(馬のご飯を与える)を行うのです。

JRA厩務員は、基本的に1人の厩務員が2頭の競走馬を担当しているので、上記と同じ流れを2頭分こなします。午前中の全ての作業は、午前11時頃には終了となり、午後は馬の健康状態をチェックしたり、厩舎の片づけや馬に夕飼(夜ごはん)を与えます。1日の全ての業務は、午後4時半頃に終了します。なお、JRAの厩務員は、普段はこのトレーニングセンター内でのお仕事が中心になりますが、自分の担当馬が競馬場でレースに出場する場合は、実際にその担当馬と一緒に競馬場へと出向きます。各競馬場には、それぞれレースに出場する競走馬が宿泊できる厩舎施設があり、厩務員はその厩舎施設で担当馬がベストなコンディションでレースに出場できるよう管理しているのです。また、競馬開催時には厩務員はパドックでひき馬をしたり、担当馬のレースを見守ったりなど、普段と違うW厩務員Wとしての役割を果たすのです。

競馬厩務員


JRA厩務員を取り巻く競馬サークルのしくみ

さて、ここでJRA厩務員を取り巻く競馬サークルのしくみを簡単にご紹介いたします。JRA厩務員は調教師が運営する厩舎に所属し働くことになります。厩舎とはいわゆる会社を意味し、調教師とは、その厩舎(会社)の社長と考えればわかりやすいでしょう…。そして、その調教師のもとで働く、厩務員はその厩舎で働く、馬のお世話を中心とする従業員です。そして、同じ厩務員という名称でも、調教師が担当馬に限り調教に携わることを認めた厩務員のことをW調教厩務員Wと言います。今の若者たちが「厩務員になりたい!」というのは、概ねこの「調教厩務員」を指している場合が多いのです。そして、さらに調教師の右腕として働くのが、「調教助手」と言います。調教師との絶対の信頼関係を築き、社長秘書のような感覚で、厩舎に所属する全ての競走馬に調教を行うことができます。そして、厩舎には「騎手」も所属しています。もちろん騎手には、どこの厩舎にも所属しないフリー騎手もいますが、「〜〜厩舎所属騎手」というように、基本的にはそれぞれの厩舎に騎手も所属しています。

先程も言いましたが、その厩舎で働く全ての雇用者は、調教師なのです。すなわち、厩舎は会社を意味し、調教師というのは、その会社(=厩舎)の社長を意味します。厩務員になりたい!と考えているなら、この仕組みをしっかり理解しておいてくださいね。もちろん、これらはWJRA競馬学校 厩務員課程受験WやW厩務員 募集Wの際も必ず知っておかなければなりません。

競走馬仕事に就くなら


JRA厩務員になるためには…

さて、JRA厩務員になるためには、JRA競馬学校の厩務員課程を受験し、合格した後に6ヶ月間(または3ヶ月間)の教育をうけて、その後、所属厩舎が決定すれば厩務員としてデビューすることが出来ます。

しかし、そのJRA競馬学校「厩務員課程」は、誰でもがいきなり受験できるものではなく、乗馬経験と育成牧場での実務経験(2年以上)が必要です。そのため、JRA厩務員を目指している人の多くは、馬を扱える技術と知識を習得したうえで、競走馬の育成牧場に就職します。そして、その育成牧場に就職しながら、JRA競馬学校「厩務員課程」を受験するのが一般的です。競馬厩務員なら東関東ホースパーク(育成牧場職業訓練)がおススメです。

★一言情報!「JRA厩務員になるには…」★
あなたがJRA厩務員を目指すなら、JRA競馬学校「厩務員課程」受験に合格し厩務員課程を卒業しなければなりません。そして、JRA競馬学校「厩務員課程」を受験するためには、2年間の乗馬経験と牧場実務経験が必要となります。未経験者から、牧場就職までのかけ橋となる新たな職業訓練への取り組みが話題となり、今では未経験者から最短10ヶ月で牧場デビューといった職業訓練システムを取り入れ、無駄時間とお金をかけずに、将来はJRA厩務員を目指し、育成牧場就職への取り組みを支援する職業訓練校が話題となっています。東関東ホースパーク(育成牧場職業訓練)、一般の馬の学校や馬の専門学校に比べて、短期間で牧場就職を目指せるシステムがどこよりも整っています。是非、参考にしてみてください!!

東関東ホースパーク(育成牧場就職への職業訓練)
千葉県八街市沖174番地 東関東ホースパーク内
TEL:043-445-0577(朝9時〜夜21時)
お問合わせ・ご質問はどうぞお気軽にお寄せ下さい!!!