馬のお仕事シリーズ第3弾ではW競走馬 育成牧場 求人(北海道)編Wとして作成しました。「競走馬 育成牧場求人・就職!」を考えているあなたに、競走馬の育成牧場 就職を目指すうえで知って頂きたいW競走馬 育成牧場の仕事内容W、やW競走馬 育成牧場での就職・雇用Wなどについて、簡単に説明しています。これらの情報をぜひ、W競走馬 育成牧場就職WW競走馬 育成牧場求人Wを本気で真剣に考えているあなたに、W競走馬 育成牧場就職WW競走馬 育成牧場求人Wに役立てて頂ければと思います。

この度は、「競走馬 育成牧場求人」へお越し頂きまして、誠にありがとうございます。

競走馬 育成牧場 求人・就職を取り巻く環境 

一般的「馬の牧場」といえば、大きく3つのタイプに分かれます。
1、サラブレッドの繁殖牝馬を繁養し、競走馬の生産を目的とする「馬 生産牧場」。
2、その生産牧場で育ったサラブレッドに、鞍を付けたり人が騎乗できるように調教して、競走馬として活躍するまでの間に競走馬の育成を行う「馬 育成牧場」。
3、現役競走馬の休養を目的とし、美浦トレーニングセンターや(茨城県)栗東トレーニングセンター(滋賀県)近郊を中心とした競走馬育成 「馬 育成牧場」。
大きくこれら3つのタイプを指します。そのうち、育成牧場というと上記2、3を指しますが、同じ競走馬の育成牧場でも、上記2と3では仕事の内容や目的、さらには育成牧場求人・就職などで求められる技術や知識も違う場合があります。W競走馬 育成牧場求人情報Wなどの情報、募集内容にも注目しなければなりません。また、未経験者の採用が極端に少ない育成牧場業界の理由についても説明していきたいと思います。

★一言情報!「育成牧場 求人」★
上記で示す、「2」の競走馬育成牧場では、主に競走馬育成牧場求人情報の中でも北海道「浦河町、新冠町、静内町」などが中心となっています。その点、上記の「3」は、現役競走馬の休養を目的としているため、美浦トレーニングセンターや(茨城県)栗東トレーニングセンター(滋賀県)を中心としたトレセン近郊に位置する競走馬育成牧場が多いのです。同じ、競走馬の育成牧場でも、仕事内容やその目的が違ってきます。

JRA厩務員へ



競走馬 育成牧場 (北海道)の役割!!

この(第3弾)競走馬 育成牧場求人(北海道)編では、まず北海道に多いとされる育成牧場について説明します。馬は、一頭のサラブレッドとして生産牧場で生まれます。その後、生産牧場やセリ市場で馬主により購入されたサラブレッドは、競走馬になるための調教をうけるため、競走馬育成牧場(上記2)に入ります。そして競走馬としてデビューできるようになれば、JRAのトレセン施設に入り日本全国の競馬場でレースを行うという流れとなるのです。
そもそも一般的に「競走馬の育成」という表現は、生産牧場から競走馬のトレーニングセンター(地方競馬の場合は直接競馬場となります)に入厩するまでのすべての過程を指しているものであり、競走馬 育成牧場では、概ね3段階に分けられて競走馬育成調教が行われており、@第一段階では、人が乗れるように調教、A第二段階では運動できるまでを調教、Bそして第3段階では、速く走れるように調教します。これら、@〜Bまでを競走馬育成牧場で行い、その後は「競走馬としてより速く調教し、レースに備えるためにトレーニングセンターに入る」ということになります。
競走馬 育成牧場では、毎年8月〜9月にかけて、生産牧場から多くの新しい馬が入厩します。もちろん、人がまたがることや、鞍や手入れにも慣れてない馬もあり、これらを一人前に、1段から丁寧に教えて、競走馬として送り出すことが、競走馬育成牧場の大きな役割であるといわれます。

競走馬 育成牧場 (北海道)仕事内容 
一見、強烈なスピードを蓄積する現役競走馬とは違い、仔馬のような感覚から何も知らないサラブレッドと一緒に過ごしていくということは、なかなか夢があり楽しそうな雰囲気があります。しかし、実際は違います! まったく何も知らない馬に1つずつ教えてゆく、覚えさせていくということは、まさにW命がけWの仕事ともいえます。
というのも、初めて鞍を乗せるサラブレッドは、嫌がったり怖がったり、その恐怖で当然のように跳ねあがり、人がまたがれ跳ねて振り落とすことなど頻繁です。それを毎日、毎日馬とのコミュニケーションを取りながら、1つずつ丁寧に、丁寧に慣らしていくのです。乗り手が馬に送る合図なども、この時に馬に教えていくのです。

「人が馬に騎乗し、馬のおなかを蹴れば、走り出す・・・」
「走っている馬の手綱をひっぱると馬がとまってくれる!」

ということは、一般的に誰でも知っている知識ですよね。
しかし、これは、こうした馬の育成時期に人が馬に対して、しっかりこの合図を教え込むからこそ、馬は一生そのことを理解しているだけなのです。だから、何も教え込まれてない馬のおなかを蹴れば、怒り出し、跳ねまわり人間を振り落とそうとする馬もいます。また、手綱を引っ張られれば、口の中に入っているハミ(鉄の棒)が口にあたり、嫌がり、跳ねて走り出します。 皆さんも、突然知らない他人に、肩をつかまれたらどう思いますか?怖いと感じますよね。その場から、急いで逃げる人もいれば、その人に攻撃を与える人もいるかもしれませんよね。それは、自己防衛のための手段として、馬も同じです。

育成牧場 求人



馬は非常に憶病で怖がりでさみしがり屋です。まだ心を開いていない人間に何かをされると、その自己防衛として本能的に「噛む」「蹴る」「走る」という手段で自己防衛をするのです。しっかり、馬との信頼関係を築くことさえできれば、馬の真後ろに立っても蹴られることはありません(注:絶対に試さないでください!)それだけ、馬との信頼関係を維持するために、常に馬とのコミュニケーションが求められる職場です。このような仕事をしっかりとこなし、その牧場での仕事の楽しさ、やりがいを感じていくには、馬の性格や雰囲気、そして馬に携わる経験が無ければ、当然務まる仕事ではないと思います。時には、少しの人間の判断ミスが、人間の大怪我を招くだけでなく、馬に怪我をさしてしまったり、馬の骨折・予後不良・安楽死という結果に至ることもしばしあります。また、育成牧場で過ごす競走馬には既に馬主が存在します。安い馬でも数百万円、高い馬では数億円。そのような他人の財産を一瞬で無くしてしまうかもしれない!という責任とプレッシャーが付く職場です。例えば、実績を持つ有名牧場であった場合、従業員の少しのミスが原因で、競走馬の命を亡くしてしまうことになった場合、世間が注目する有名牧場や競走馬の場合、スポーツ新聞やマスコミが大きく騒ぎますよね。時々、新聞のトップ面で、「●●●●号 安楽死」「●●●●号 死亡」「●●●●号 骨折」というタイトルが掲載されていることをみたことはありませんか?万が一、それが人為的なミスであった場合、その牧場名、代表者名などもどんどんマスコミに公表されるという結果をもたらせます。そうなってしまうと、育成牧場の死活問題となります。育成牧場として実績とブランドを築くには、長年の信頼と実績が必要です。しかし、牧場が潰れるのはたった1日、いや1時間、1分、1秒の従業員の判断ミスが世間を騒がせる引き金を持っているということなのです。育成牧場業界においても、人材不足が叫ばれているのは事実です。しかし、人は必要にもかかわらず、未経験者の採用が少ない!という傾向にあるのは、このような牧場の実態が生じているからなのではないでしょうか?

★一言情報!「JRA厩務員になるには…」★
あなたがJRA厩務員を目指すなら、JRA競馬学校「厩務員課程」受験に合格し厩務員課程を卒業しなければなりません。そして、JRA競馬学校「厩務員課程」を受験するためには、2年間の乗馬経験と牧場実務経験が必要となります。未経験者から、牧場就職までのかけ橋となる新たな職業訓練への取り組みが話題となり、今では未経験者から最短10ヶ月で牧場デビューといった職業訓練システムを取り入れ、無駄時間とお金をかけずに、将来はJRA厩務員を目指し、育成牧場就職への取り組みを支援する職業訓練校が話題となっています。東関東ホースパーク(育成牧場職業訓練)、一般の馬の学校や馬の専門学校に比べて、短期間で牧場就職を目指せるシステムがどこよりも整っています。是非、参考にしてみてください!!

東関東ホースパーク(育成牧場就職への職業訓練)
千葉県八街市沖174番地 東関東ホースパーク内
TEL:043-445-0577(朝9時〜夜21時)
お問合わせ・ご質問はどうぞお気軽にお寄せ下さい!!!