馬のお仕事シリーズ第4弾ではW競走馬 育成牧場求人(厩務員募集)Wとして作成しました。「競走馬 育成牧場求人(厩務員募集)」を考えているあなたに、競走馬の育成牧場求人を目指すうえで知って頂きたいW競走馬 育成牧場の仕事内容W、やW競走馬 育成牧場での就職 JRA競馬学校厩務員課程受験Wなどについて、簡単に説明しています。これらの情報をぜひ、W競走馬 育成牧場就職WW競走馬 育成牧場求人WそしてW競走馬 育成牧場での就職 JRA競馬学校厩務員課程受験Wを本気で真剣に考えているあなたに、W競走馬 育成牧場就職WW競走馬 育成牧場求人WW競走馬 育成牧場での就職 JRA競馬学校厩務員課程受験Wに役立てて頂ければと思います。

馬の仕事


この度は、「競走馬 馬 育成牧場求人」へお越し頂きまして、誠にありがとうございます。

競走馬 育成牧場 求人・厩務員受験を取り巻く環境

馬のお仕事シリーズ(第3弾)でW競走馬 育成牧場求人(北海道)Wでも、お話いたしましたが、一般的「馬の牧場」といえば、大きく3つのタイプに分かれます。既に、W競走馬 育成牧場求人(北海道)W編をご覧いただいた方も、もう一度復習の意味でもう一度ご覧下さいね。それでは、再度3つのタイプの牧場を紹介します。
1、サラブレッドの繁殖牝馬を繁養し、競走馬の生産を目的とする「馬 生産牧場」。
2、その生産牧場で育ったサラブレッドに、鞍を付けたり人が騎乗できるように調教して、競走馬として活躍するまでの間に競走馬の育成を行う「馬 育成牧場」。
3、現役競走馬の休養を目的とし、美浦トレーニングセンターや(茨城県)栗東トレーニングセンター(滋賀県)近郊を中心とした競走馬育成 「馬 育成牧場」。
など、牧場というのは、大きくこれら3つのタイプに分かれます。このうち上記の2、3は、育成牧場を言いますが、同じ競走馬 育成牧場でも、これら運営目的や仕事内容は大きく変わります。また、これら育成牧場求人・就職などで求められる技術や知識も違う場合があります。W競走馬 育成牧場求人情報Wなどの募集内容にも注目しなければなりません。また、未経験者の採用が極端に少ない育成牧場業界の理由についてご説明していきます。

★一言情報!「競走馬 厩務員を目指す育成牧場」なら★
上記「2」の競走馬育成牧場では、主に競走馬育成牧場求人情報の中でも北海道「浦河町、新冠町、静内町」などが中心となる反面、上記「3」は、現役競走馬の休養を目的としているため、W美浦トレーニングセンター(茨城県)WやW栗東トレーニングセンター(滋賀県)Wを中心としたトレセン近郊に位置する競走馬育成牧場が多いのです。そして、競走馬の育成牧場でも、仕事内容やその目的が違ってきます。

競走馬 育成牧場 トレセン近郊(JRA厩務員募集)の役割!!

この(第4弾)競走馬 育成牧場求人(厩務員)では、先ほど★一言情報★でも説明しましたが、美浦トレーニングセンター及び栗東トレーニングセンター近郊に存在します。これらの育成牧場は、専門的に「休養牧場(競走馬の休養)」と表現されています。休養牧場という言葉に、北海道などの育成牧場よりもそれほど高い技術など必要ように思われがちですが、逆に、この休養牧場n場合、あくまで現役競走馬を預かり、その馬を再びトレセンに戻すのがこの競走馬の育成牧場の大きな役割をなります。
現在トレーニングセンター内では、各調教師に20頭分の馬房を割り当てられています。しかし、各調教師は、その20頭分の馬房に対し、3倍の60頭の競走馬登録を行うことができるため、トレーニングセンター内に収容しきれない、他の40頭については、このトレーニングセンター近くの育成牧場にそれらの競走馬を預けているのです。従って、現状ではトレセン内の馬房は、すでにレース出走を予定する競走馬だけがレースの最終調整で生活しています。レース出走まで日数がある競走馬は、調教師の指示により、その間の短期休養や再調整、再調教を目的とした現役競走馬について、トレセン近郊の育成牧場に預けているのが実態です。こうしたシステムを「外厩制度」と呼ぶ業界人も多いのです。したがって、将来的に「厩務員」を目指す多くの若者は、頻繁に調教師が出入りするこうしたトレーニングセンター近郊の育成牧場に集中する傾向があるのも事実です。

育成牧場 求人



競走馬 育成牧場 (JRA厩務員募集)仕事内容

このように、同じ「育成牧場」という名称であっても、北海道にある競走馬の育成牧場と、トレセン近辺の育成牧場とは大きな違いが生じます。従って、それらトレーニングセンター近辺の育成牧場で働くには、現役競走馬に騎乗できる高度な騎乗技術が必要になっています。一方、こうしたトレセン近辺の育成牧場では、JRAの現役競走馬に携わる!という部分では、もっとも広く門戸が開かれている部分かもしれません。厩務員や調教厩務員を目指す多くの若者の夢である「現役競走馬のもとで働きたい!」という夢の実現、しかし現役競走馬を扱うというのは、乗馬クラブに所属するおとなしい馬を扱うイメージはまったく違い、取り扱う馬の年齢も若く、馬の本能そのものを相手にする職場であると同時に、その各競走馬には莫大な他人の資金がかけられているという事を忘れてはいけません。
こうした仕事をしっかりとこなし、その牧場で仕事の楽しさややりがいを感じていくには、馬の性格や雰囲気、そして馬に携わる経験が必要となります。また、少しの人間の判断ミスが、人間の大怪我を招いたり、馬に怪我をさしてしまったり、馬の骨折・予後不良・安楽死という結果になることも少なくありません。また、育成牧場で過ごす競走馬には、それぞれ馬主が存在します。安い馬でも数百万円、高い馬では数億円。そのような他人の財産を一瞬で無くしてしまうかもしれない!という責任とプレッシャーが付く職場であり、実績を持つ有名牧場にあればあるほど、従業員の少しのミスが原因で、競走馬の命を亡くしてしまうこともあります。世間が注目する有名牧場や競走馬の場合、特にスポーツ新聞やマスコミが大きく騒ぎますよね。時々、新聞のトップ面で、「●●●●号 安楽死」「●●●●号 死亡」「●●●●号
骨折」という大きなタイトルをみることもありますよね。さらに、それが人為的なミスであった場合、その牧場名、代表者名などもどんどんマスコミに公表され、育成牧場の死活問題となります。育成牧場として実績とブランドを築くには、長年の信頼と実績が必要ですが、牧場が潰れるのはたった1日、いや1時間、1分、1秒の従業員の判断ミスが世間を騒がせる引き金を持っているのです。育成牧場業界においても、人材不足が叫ばれているのは事実です。しかし、人材は必要であるにもかかわらず、未経験者の採用が少ない!という傾向にあるのは、このような牧場の実態が生じているからです。

競馬就職なら



競走馬の育成牧場への就職に必要なことは…

育成牧場に就職するためには、ご存知の方も多いかとは思いますが、「乗馬経験や馬を扱える正しい技術と知識」がないと、どこも雇ってくれません…。したがって、未経験者がこうした育成牧場への就職を実現させるためには、民間の馬の学校や専門学校に通う以外の具体的な方法がありません。ところが、馬の学校や馬の専門学校は、入学から牧場就職まで非常に長い期間(2年程度)がかかるうえ、馬の学校や専門学校には、多額な費用がかかります。(約400万円程度)つまり、育成牧場やJRA厩務員を目指すには、約400万円程度の自分への投資金が必要という事になります。

そこで、そのような未経験者から、牧場就職までのかけ橋となる新たな職業訓練への取り組みが話題となり、今では未経験者から最短10ヶ月で牧場デビューといった職業訓練システムを取り入れ、無駄時間とお金をかけずに、将来はJRA厩務員を目指し、育成牧場就職への取り組みを支援する職業訓練校が話題となっています。育成牧場 求人


西日本新聞 平成22年1月15日

競走馬の牧場求人や競馬 仕事について全面的にサポートしてくれる職業訓練校です。
是非、参考にしてみてください!!

馬業界就職を目指す未経験者の皆さんへ
業界のことがよくわからないから、いきなり就職するのは不安…
乗馬経験や馬の知識などもないから、本当に働けるのかが不安…
自分にあった牧場を、どうやって見つけていいのかわからない…
どこで、どうやって牧場が求める経験を積むのかがわからない…
JRA厩務員を目指したいけど、どうやればなれるのかが心配…

★一言情報!「JRA厩務員になるには…」★
あなたがJRA厩務員を目指すなら、JRA競馬学校「厩務員課程」受験に合格し厩務員課程を卒業しなければなりません。そして、JRA競馬学校「厩務員課程」を受験するためには、2年間の乗馬経験と牧場実務経験が必要となります。未経験者から、牧場就職までのかけ橋となる新たな職業訓練への取り組みが話題となり、今では未経験者から最短10ヶ月で牧場デビューといった職業訓練システムを取り入れ、無駄時間とお金をかけずに、将来はJRA厩務員を目指し、育成牧場就職への取り組みを支援する職業訓練校が話題となっています。
東関東ホースパーク(育成牧場職業訓練)、一般の馬の学校や馬の専門学校に比べて、短期間で牧場就職を目指せるシステムがどこよりも整っています。是非、参考にしてみてください!!

東関東ホースパーク(育成牧場就職への職業訓練)
千葉県八街市沖174番地 東関東ホースパーク内
TEL:043-445-0577(朝9時〜夜21時)
お問合わせ・ご質問はどうぞお気軽にお寄せ下さい!!!