馬のお仕事シリーズ第5弾ではW競走馬 生産牧場求人(北海道)Wとして作成しました。「競走馬 生産牧場求人」を考えているあなたに、競走馬の生産牧場求人を目指すうえで知って頂きたいW競走馬 生産牧場の仕事内容Wなどについて、簡単に説明しています。これらの情報をぜひ、W競走馬 生産牧場就職WW競走馬 生産牧場求人WそしてW競走馬 生産牧場での就職Wを本気で真剣に考えているあなたに、W競走馬 生産牧場就職WW競走馬 生産牧場求人WW競走馬 生産牧場での就職Wに役立てて頂ければと思います。

この度は、「競走馬 馬 生産牧場求人」へお越し頂きまして、誠にありがとうございます。

競走馬 生産牧場 求人・就職を取り巻く環境 

一般的に「生産牧場」といえば、繁殖牝馬を繁養し、競走馬を生産する牧場を指します。生産牧場の90%は、北海道の日高地方に集中しており、牧場の規模としては「家族だけで経営する小規模な牧場から、社台グループのような大規模な企業」までさまざまです。また、生産牧場・育成牧場を兼ねた牧場なども多く存在しています。
近年、多くの若者の中で「馬の生産と育成の両方に携わりたい!」と考える方も多いようです。しかし、例え同じ会社で、生産牧場・育成牧場の両方を兼ねていたとしても、それぞれの担当がしっかり分けられているのが現状です。残念ながらその両方の仕事内容を兼ねる牧場は、ほとんどないといえるでしょう。さて、生産牧場の主な業務内容としては、繁殖牝馬の繁養をはじめ、その仔馬を育て売却します。売却の方法としては、一般の競走馬セリをはじめ、直接調教師や馬主に販売する庭先取引(牧場内での売却)も頻繁におこなわれています。

馬の仕事



競走馬 生産牧場の仕事内容 

この(第3弾)競走馬 生産牧場への就職を考えるには、馬の管理や扱う技術はもちろんのこと、接客・サービスとしてのマナー・常識を身につけていることも必須ですね。お客様(馬主・調教師など)が牧場に来れば、放牧場から馬を一旦厩舎に入れ、手入れをしてから、お客様の前で引き馬(馬見せ)をおこないます。一見、単純な仕事にも思えますが、スタッフの引き馬の姿ひとつで、馬の価格が決定するといわれるほど、そのプレッシャーと責任は大きいのです。
また、馬がお産の時の労働は深夜、早朝まで続き、まさに体力も持久力を問われる厳しい仕事です。まるで、自分の子供を育てるかのように、かつ繁殖牝馬や仔馬に対する繊細な感覚・優しさも必要とされ、毎日の成長をやさしく見守っていきながら育てなければならない。最近では、これらの業務をこなす上で、母性本能を持つ女性を求める声も多くなっています。しかし反面、自分の子供のように育てた馬を、売却するという現実に、耐え難く辞めてしまう人材も多いのです。 ある意味、売り手が決まってこそ競走馬としての人生がスタートする。それは、まさに自分が育てた馬が、競走馬としての第一段階へとステップするすばらしい事なのです。まさに、生産技術者の腕は、この世に誕生するサラブレッドというひとつの命を競走馬としてデビューさせる原点になるのです 。

以上、生産牧場(北海道)求人・就職について簡単に説明してみました。
もしも!! この先、あなたが本気でW生産牧場(北海道)求人・就職Wを考えるなら、 こちらの情報も是非、ご覧ください!!

注)18:00〜20:00までは、非常にアクセスが集中しますので、つながりにくい場合があります。