乗馬クラブで働くには、乗馬インストラクター求人情報などで募集する乗馬インストラクター、乗馬経験者従業員、乗馬クラブの就職方法/乗馬クラブの研修生募集情報とは…

◆乗馬クラブで働くには…

貴族のスポーツ、お金持ちのスポーツというイメージが強かった「乗馬」は、最近では子どもからお年寄りまで年齢、性別に関係なく楽しめる趣味、スポーツとして幅広く多くの人たちに楽しめるようになってきました。また、最近ではアニマルセラピーホースセラピーといった乗馬療法としても取り入れられ、子どもたちの情操教育の一環として、ポニーや乗馬を取り入れられることも多くなりました。さらには、障害者乗馬の普及にも、各都道府県が力を入れはじめてきている状況のなかで、乗馬というスポーツ、趣味、教育的な要素は国内でも徐々に広まり続けています。

このように全国各地で、「乗馬」はどんどん広がりを見せてきている反面、そうした乗馬の広がりを支える専門職の人材の不足も大きな問題となっています。今や全国に500~700か所以上もの乗馬施設が存在しています。しかしながら、そうした乗馬インストラクターをしっかり養成する機関はほとんどなく、乗馬をしていて楽しいので、そのまま乗馬クラブで働くようになった…。という人たちが、乗馬インストラクターとして活躍しているが大半だと考えます。自分がもっと馬に乗りたいから!もっと馬と楽しみたいから!乗馬クラブで働くという流れも大切です。しかし、これから乗馬を楽しみたい!馬と楽しみたい!という乗馬を始めようという初心者たちの乗馬ライフをどうコーディネートしていくかが、乗馬インストラクターとして一番必要な要素であることはいうまでもありません。

◆乗馬の求人で見かける“研修生”って何!?

●乗馬クラブの研修生って何!?
乗馬クラブの求人などで見かける求人の中に、“研修生”って表記を見かけることがあります。乗馬クラブによっては、少し異なりますが、、、まったくの未経験、初心者を対象に「働きながら乗馬の経験を積みながら乗馬インストラクターになるまでの間、の研修生」という解釈であり、ひと昔前までは、多くの乗馬クラブで取り入れられていた制度であるのは事実です。しかし、この制度に大きな問題点が生じます。それは、朝早くから夜遅くまで、乗馬インストラクターになるために働き、そして乗馬クラブで働きながら学べるという利点のように聞こえますが、研修生としてのお給料の実態は、1か月あたり、3万円~7万円というところがほとんどなのです。馬という生き物を扱う以上、早朝6時~夕方19時ごろまで、さらに週休1日という過酷な労働を強いられてしまいます。それに対して、会社から受け取る3~7万円というのは、今の時代では完全に労働基準法に触れてしまいます。労働基準法というのは法律で、こうした雇用は立派な法律違反となる実態が少なくありません。しかも、こうした乗馬クラブの研修制度は、有期契約(予め期間を決められた契約)でなく、その乗馬クラブの経営者側の一方的な判断となる実態があり、最近ではこうした研修生制度は徐々になくなりつつあるものの、まだ昭和の雇用体制が敷かれている乗馬クラブが多いのも事実です。特に、乗馬の未経験者、技術も乗馬経験もなく、まったくの未経験者から乗馬クラブに飛びこむ場合、こうした雇用形態には絶対に注意が必要です。反面、しっかりした騎乗技術と知識、また乗馬指導などをこなせるインストラクターなどは、非常に考慮され、就職に困ることはまずないと言っても過言ではありません。まずは、乗馬クラブに就職するための技術と知識を得ることが先決です。

※乗馬クラブの研修生制度すべてがこうした労働違反をしているという訳ではありません。また、人を雇い入れるうえで、社会保険、雇用保険、労働災害(労災)など、社会保険は法律で定められています。

◆乗馬クラブでのお仕事

馬たちの厩舎管理、馬の体調や運動管理は、どの乗馬クラブも同じです。しかし、乗馬クラブで働くには、馬の管理だけではなかなか務まりません。やはり、お客様である会員様に対してどのようなサービスを提供することができのか?日常の馬に関する業務以外に、会員様を増やすための「営業」。自社のサービスや商品をアピールする「広報」。そして、お客様の「接客・コミュニケーション」など、あらゆるノウハウが必要とされます。 お客様が安全で楽しい乗馬ライフを過ごせるためにも、乗馬インストラクターがお客様の乗馬ライフをコーディネートしていく、それが乗馬インストラクターとして必要とされる大きな要素だと思います。

◆乗馬クラブで働くには!?

ワンポイントアドバイス!!

乗馬クラブで働くには、「自分がしっかり馬に乗れること」「馬の管理がしっかりできること」「お客様へのレッスン指導、お客様の乗馬ライフをコーディネートできること」この3つの条件が、まず必要とされる要素です。そして、これらの業務をしっかりこなしていくためにも、コミュニケーション力、接客力が必須です。国内では特に、乗馬クラブのインストラクターを専門に養成する機関は今のところなく、高卒生、大卒生の未経験者から短期間で乗馬インストラクターのノウハウや仕事の進め方を学ぶためには、現場で学べる馬の職業訓練の存在が有効な手段とされています。

»馬業界就職支援制度対象「馬の学校」なら!
(応募資格:入学時点で18歳以上)

馬の学校 東関東馬事職業訓練

馬の高校 東関東馬事高等学院

◆便利で安いおススメ情報◆

ページトップへ