競走馬の仔馬を育てる生産牧場、繁殖牝馬のお産やお世話、女性従業員も大活躍している競走馬サラブレッドのお仕事。生産牧場、繁殖牧場スタッフ募集、就職、求人サポート

◆競走馬の生産牧場で働くには

近年、競馬はひと昔前のような「ギャンブルを楽しむ!」と言うよりも、スポーツとしての競馬、文化として楽しむ若者が増えたことを背景に、サラブレッドという馬、動物に興味を持ち、競走馬の仕事がしたい!牧場の仕事がしたい!という若者が増えてきました。競走馬の牧場には「生産牧場」「育成牧場」「種馬場」と、大きく分けて3つ存在します。その3つの牧場とも役割はそれぞれで、馬の仕事でも当然ながらその仕事内容もちがいます。

種馬場とは、すでに競走馬として活躍し優秀な雄馬(男の子)たちが過ごす牧場です。一方、生産牧場では、繁殖牝馬が過ごし(お母さん馬)その種馬場の雄馬との交配によってこの世に生を受けて誕生する仔馬を育てる牧場をいいます。さらに、育成牧場では、生産牧場で生まれた仔馬から、人が乗れるように、また競走馬になるための基本的なトレーニングと馬と人の約束事を覚えさせる調教を行っていきます。具体的には、馬の背中に鞍をつけたり、馬装具の取り付けなど、あらゆる基本訓練を中心とした馴致調教(じゅんちちょうきょう)が行われます。これを専門用語で「ブレーキング」とも言います。こうした育成牧場での馴致調教やブレーキングが終了すると、本格的な調教が行われます。他の馬と並走して走らせる“あわせ馬”、坂道を活用したハンロ(坂路)調教など、トレーニングセンターに入るための基本的な訓練を行っていくのです。

競走馬は毎年8000頭近く生まれます。そのうち競走馬としてデビューすることができる馬は、毎年5600頭程度です。無事、この世に生まれてきたサラブレッドでも、馬主さんが見つからなかったり、調教過程での事故や病気、また能力が十分に発揮されなかったり…など、さまざまな理由で競走馬としてデビューする前にこの世を去ってしまうサラブレッツドも多数いるのです。走るために生まれてきた馬が無事に、競走馬として競馬場を走らせる基本調教を行うのが、これら牧場役目と言って過言ではありません。

◆生産牧場での仕事

基本的な厩舎管理、馬の管理は、どの牧場も同じですが、繁殖シーズンには、交代で24時間体制で「馬のお産」に携わります。また、馬を購入しようと考える馬主さんが牧場に来場された時の接客、馬を見せたりなども行います。生産牧場では、やはり日常の牧場業務以外に、お産という仕事が含まれるため、体力や持久力、忍耐力が求められる職場です。同時に母馬に対しての優しさなども求められる職場であることから、女性を求める牧場も少なくありません。また、仔馬が生れると「刷り込み」といって、生まれた直後から人間が撫でさすり、仔馬とふれあいながら、声をかけながら育てていく。離乳して心細くなった仔馬が、すぐに人間をたようとこから、馬と人の絆が生まれてくるのです。そうした馬と人とのコミュニケーションは、こうした生産牧場から始まっていくのです。

◆生産牧場、育成牧場で働くには!?

ワンポイントアドバイス!!

競走馬の生産牧場、そして育成牧場とも、生命ある動物「サラブレット」を扱うと同時に、数千万円~数億円といわれる馬主さんの貴重な財産である競走馬を扱う仕事です。どちらの牧場であっても、中途半端な夢やあこがれだけではけっして務まらない仕事であることはいうまでもありません。近年、競馬は多くの若者に親しまれ、スポーツ観戦また文化として愉しまれるようになったことを背景に、馬の仕事がしたい!サラブレッドに関係ある仕事がしたい!という若者が増えて来ました。また、同時にどんどん若手の力を必要とする多くの牧場は、深刻な人手不足の状況にあるのも事実です。働きたいという多くの若者がいる。そして、働いてほしいという多くの牧場がある…。しかし、その両方のニーズが存在しても、そこに大きなミスマッチが生じているその大きな理由は、「馬の経験と知識」なのです。ある程度の乗馬経験と馬を扱うことのできる知識、そうした即戦力だけを牧場が求めているのもまた事実なのです。未経験者と業界をつなぐ架け橋の場とし、馬の職業訓練の存在が今、求められています。馬を扱う技術と知識、これらをしっかり持つことができれば、馬業界で職場がない!ということは、ありません---。

»馬業界就職支援制度対象「馬の学校」なら!
(応募資格:入学時点で18歳以上)

馬の学校 東関東馬事職業訓練

馬の高校 東関東馬事高等学院

◆便利で安いおススメ情報◆

ページトップへ