●馬の仕事って何があるの!?

馬の仕事には、どんな仕事がありますか?

代表的な馬の仕事として、ジョッキー(騎手)、現役競走馬を管理する調教師、調教助手、調教厩務員、厩務員があります。また、競走馬としてデビューするまでの間を担う、育成牧場スタッフ、生産牧場のスタッフ、また乗馬クラブの指導員、乗馬インストラクターなど様々です。

そのほかには、どんな馬の仕事がありますか?

引退した競走馬(雄馬)の管理を専門的に行う牧場、競走馬の種付け場で働くスタッフ、馬の輸送(馬運車)の運転手…、獣医さんや装蹄師などがあります。
これ以外にも、馬の仕事はたくさんありますよ。

騎手(ジョッキー)

現役の競走馬に騎乗し、レースで活躍したり出走が決まった競走馬の調整運動などを行ったりします。また、騎手にはそれぞれ、地方競馬と中央競馬があり、地方競馬を目指すなら地方競馬教養センター「騎手課程」また、中央競馬の場合は、JRA競馬学校「騎手課程」を受験し、合格しなければなりません。

厩務員・調教厩務員

厩務員とは、トレーニングセンター内で現役競走馬の管理を行うスタッフを言います。厩務員は基本的には自分が担当する2頭の維持管理を行い、調教厩務員はその担当する2頭の競走馬に関して運動、調教を行います。JRA厩務員になるには、乗馬経験や牧場実務経験を2年以上積んでからJRA競馬学校「厩務員」課程受験を行います。

生産牧場(競走馬の生産牧場スタッフ)

サラブレッドの生産、繁殖を行いお母さん競走馬から、仔馬を生産し育成牧場に行く本格的なトレーニングまでの間、そのサラブレッドの維持管理を行うことを目的としたサラブレッドの牧場です。また、その仔馬を牧場内で売買する庭先取引や、馬のセリ(セレクトセール)などに出品し馬主を見つける仕事なども行います。

育成牧場(競走馬の育成牧場スタッフ)

生産牧場で育ったサラブレッドを一人前の競走馬として活躍する前の調教を行う育成牧場で活躍するスタッフです。サラブレっとに鞍をつけたり、ハミや手綱をつけて人間の合図を理解してもらうための調教(馴致調教・ブレーキング調教)などを行い、他の競走馬と一緒に走ったり、競走馬としてデビューするための筋肉や体力の維持管理を行っていきます。

乗馬クラブ(乗馬クラブのインストラクター)

競走馬とはちょっと目的が違い、一般のお客様へのエンターテイメント・スポーツとして楽しめる乗馬を、コーディネートしていくお仕事です。乗馬クラブは、全国に500~800か所存在し、子供や大人、女性、お年寄りに対して、馬の魅力や乗馬スポーツの楽しさを指導サポートしていくお仕事です。

☆この記事へのワンポイントアドバイス!
基本的には、どの職種も馬という動物をあつかう仕事ですから、勤務時間があってないようなもの…という認識は覚悟しておかなければなりません。
しかしその分、仕事のやりがいや楽しさは、自分次第…
どの職種も、ある程度の乗馬経験や馬の取り扱い経験があったほうが、優遇される傾向にあります。
馬を扱ったことがない、さわったことがない…
というような、まったくの未経験者だったら、就職するのは、なかなか難しい面があるかもしれませんが、ある程度の経験と知識があれば、業界から引っ張りだこ、の状況と言われている業界のようですよ。
【PR】乗馬未経験者のための職業訓練/馬の学校/馬の専門学校なら
»広告掲載依頼はこちら

馬の学校 東関東馬事職業訓練

馬の高校 東関東馬事高等学院

◆便利で安いおススメ情報◆

ページトップへ