●競馬と乗馬の違いは何ですか!?

競馬と乗馬の違いって!?

同じ馬を扱う職場でも、競馬と乗馬の業界としての目的が違いますね。
競馬は、馬を育成して競馬で勝つことが目的とします。
一方、乗馬は、馬に乗るお客様に楽しんでもらったり、乗り手(お客様の技術向上)が目的です。もちろん、乗馬クラブのお仕事に、馬の調教もありますが、これらはあくまで馬に乗るお客さんのレベルアップや、安全で楽しんでもらうことを前提とした馬の調教を目的としています。
競馬に出場する馬は、すべて各馬主さん(オーナー)がいます。その馬主さんが所有する貴重な競走馬を、レースで活躍させること、そして勝ち星をあげて、また血統を次の世代に繋げるために、繁殖や生産があります。
乗馬クラブで一般のお客さんを乗せて、楽しませてくれる馬のほとんどは、乗馬クラブが所有しています。
しかし、乗馬クラブにも、お客さん自身が馬を購入し、自分で馬を所有する「自馬」という制度があります。
また、乗馬クラブで活躍する馬の80%程度は、競走馬を引退した馬が多いのも事実です。そのほか、ヨーロッパやオーストラリアなどから、生まれたときから乗用馬(乗馬用の馬)として、生産された馬たちなども、どんどん日本に輸入されてきています。

☆この記事へのワンポイントアドバイス!
乗馬業界、と競馬業界は同じ馬を扱っている職種でも、目的が違うんですね。
また、馬の調教においても、競馬は「走るために調教する…」
のですが、乗馬は「走ることはまったく重視していません」むしろ、障害物をよく飛ぶこと、お客さんを安全で楽しませるために、走らないようおとなしくするための調教がおこなわれています。
ですから、馬の調教方法も違うんですよ…
【PR】乗馬未経験者のための職業訓練/馬の学校/馬の専門学校なら
»広告掲載依頼はこちら

馬の学校 東関東馬事職業訓練

馬の高校 東関東馬事高等学院

◆便利で安いおススメ情報◆

ページトップへ