●現役競走馬とふれ合う馬の仕事とは!?

現役の競走馬にふれ合う馬の仕事…

毎年、約7000~8000頭の新しい馬たちがサラブレッドとしてこの世に誕生します。
しかし、実際に競走馬としてデビューできる確率は、
実は、そのうちの6割、つまり4200頭~4800頭なのです。
体は丈夫なのに、競走馬になることができないままこの世を去ってしまうサラブレッドも実はたくさんいるのです。
そのうえで、現役競走馬に直接携わるお仕事を紹介しますね。
まず、現役競走馬は基本的に、競馬場、そしてトレーニングセンターに所属しています。
特に、そうしたところでお仕事をする騎手、調教師、調教厩務員、厩務員といった方々が、現役競走馬に携わるお仕事ですね。

☆この記事へのワンポイントアドバイス!
また、現役競走馬は競馬場やトレーニングセンターのみならず、実は育成牧場にも現役競走馬がいます。
育成牧場では、生産牧場からやってきたサラブレッドを、競走馬としてデビューするための調教(馴致調教、鞍つけ、ブレーキング調教等)のみならず、現役競走馬の休養を目的として、トレセンから馬を一時的に預かり、そしてコンディションを整えトレセンに戻す休養、調教を行っています。
【PR】乗馬未経験者のための職業訓練/馬の学校/馬の専門学校なら
»広告掲載依頼はこちら

馬の学校 東関東馬事職業訓練

馬の高校 東関東馬事高等学院

◆便利で安いおススメ情報◆

ページトップへ