●厩務員受験までの登竜門!?

厩務員になるためには!?

厩務員になるためには、JRA競馬学校「厩務員課程」を受験し、合格を果たし、6か月間(または3か月間)の厩務員課程を卒業しなければなりません。
そして、そのJRA競馬学校「厩務員課程」を受験するには多数の条件がありますが、その中でも乗馬経験、牧場実務経験の併せて2年以上の経験が必要とされており、JRA厩務員になるためには、育成牧場の実務経験(就職経験)が必要ということになります。
したがって、結局のところ、JRA厩務員になるには育成牧場への就職が必要になるということですね。
また、現在の牧場業界における育成牧場への就職については、ほとんどのところで、馬を扱う技術と知識、またある程度の騎乗経験が求められるのも現実です。
その理由として、深刻な人材不足が叫ばれる育成牧場業界にとって、人手が必要なのはもちろんですが、一方で未経験者を1から育てる人手もない状況であるのも事実であり、そうした牧場業界における雇用状況のなかでも、特に経験者は求められている傾向にあります。

☆この記事へのワンポイントアドバイス!
JRA厩務員を目指すは、牧場実務経験が必要であり、その牧場の実務経験を積むには、馬を扱う技術と知識、そしてある程度の乗馬経験が求められます。牧場就職を目指す人たちが、そうした経験を積むには、馬の専門学校などで学ぶことが一般的ではありましたが、莫大な学費とそれに費やす時間的な余裕もないことから、仕方なく断念せざるを得ない状況であったのも事実です。 今では、牧場就職を目指すために短期間で、学費もほとんど掛からず訓練を受けることができる馬の職業訓練校などが誕生したのです。
【PR】乗馬未経験者のための職業訓練/馬の学校/馬の専門学校なら
»広告掲載依頼はこちら

馬の学校 東関東馬事職業訓練

馬の高校 東関東馬事高等学院

◆便利で安いおススメ情報◆

ページトップへ